コンデンスリッチ豊胸手術で失敗しないために

術後の痛みは有りました

家に帰ってから、太股の痛みと、感覚の鈍さがあり、尿道カテーテルをしたため、膀胱炎のようになってしまいましたが、むくみ除去のために、水分を多く摂らないといけず、痛くて排出できなかったのが、つらかったです。
痛みに関しては、痛み止めを処方されていたので、服用すれば痛みはなくなり、太股の腫れや違和感などが1週間ほど続きました。
施術後しばらくは、若干バストが硬くなりましたが、1ヶ月ほど経つとしこりもなく柔らかくなっていきました。
吸引部のあざなどは、3週間ほどで消え、術後すぐのバストに比べると少し小さくなってしまいましたが、形もよくなり満足しています。
ただ、医師選びを慎重におこなわないと、失敗する可能性もありますから、信頼できるクリニックや医師を選ぶことが大切です。
豊胸手術として、最近ですではシリコンバッグに替わって、自分自身の脂肪を活用する方法に注目が集まっています。
以前の脂肪注入法では、採取した脂肪に含まれる脂肪幹細胞を抽出するというものでしたが、採取するのに時間がかかり、ロスする注入脂肪の量も多かったため、あまり普及していませんでした。

昔から小さいバストがコンプレックス : 術後の痛みは有りました : 自分にあった豊胸手術を選ぶことがオススメ